2017年2月15日水曜日

Delphi でAndriod Thingsを使用してみる。

みなさん
おひさしぶりです。

やましょうです。

先日、日本Androidの会の勉強会に参加しまして、
Android Thingsと組込み用 のアンドロイドのプレビューが発表されている事を知りました。
どうもラップするだけで、ザマリンでも動く様ですので、Delphiからも簡単にアクセスできる筈
と思やってみました。


 1.System イメージの入手先です。
https://developer.android.com/things/preview/download.html

で入手できます。(私はラズパイ3で挑戦です。)

2.イメージの書込みツール入手

https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/

3.イメージツールでSDCard 8Gにイメージを書込みます。

その後ラズパイに挿入、Lanケーブルを挿し、hdmi接続

4.ラズパイ電源起動


するとipアドレスが下の方に出てきますので、それをメモりましょう


5.adb コマンドでラズパイと接続します。
私の場合Android Studioも入っているので

C:\Users\me\AppData\Local\Android\sdk\platform-tools>adb connect ip Addresss
connected to  ip Address : 5555って返ってきます。


6.SDKを、Andorido Studioと同じフォルダーにする。

7.Android Things用のブリッジファイルを作る(サンプルファイルをダウンロード)
 Java2Op等で作成。なのですが、面倒なのでファイルをダウンロードしてください。
 

8.サンプルプログラム
 unit Main;

interface

uses
  System.SysUtils, System.Types, System.UITypes, System.Classes, System.Variants,
  FMX.Types, FMX.Controls, FMX.Forms, FMX.Graphics, FMX.Dialogs,
  FMX.Controls.Presentation, FMX.StdCtrls
  ,Android.Things
  ,Androidapi.JNI.JavaTypes
  ,Androidapi.JNIBridge
  ,Androidapi.JNI.GraphicsContentViewText
  ,Androidapi.Helpers
  ,Androidapi.JNI.App
  ,Androidapi.JNI.Embarcadero;

type
  TForm37 = class(TForm)
    Timer1: TTimer;
    procedure Timer1Timer(Sender: TObject);
    procedure FormCreate(Sender: TObject);
  private
    { private 宣言 }
     FPortService    :   JPeripheralManagerService;
     FWDGpio : JGPIO;
     RVSGpio : JGPIO;
  public
    { public 宣言 }
  end;

var
  Form37: TForm37;


implementation

{$R *.fmx}


procedure TForm37.FormCreate(Sender: TObject);
begin
    FPortService := TJPeripheralManagerService.Create();
    FwdGpio := FPortService.openGpio(StringToJString('BCM6'));
    RvsGpio := FPortService.openGpio(StringToJString('BCM5'));
    FwdGpio.setDirection( TJGpio.JavaClass.DIRECTION_OUT_INITIALLY_LOW);
    RvsGpio.setDirection( TJGpio.JavaClass.DIRECTION_OUT_INITIALLY_LOW);
end;

procedure TForm37.Timer1Timer(Sender: TObject);
begin
     if  Timer1.Tag = 0 then
     begin
        Timer1.Tag := 1;
        FwdGpio.setValue(FALSE);
        RvsGpio.setValue(TRUE);
     end
     else
     begin
         Timer1.Tag := 0;
         FwdGpio.setValue(TRUE);
         RvsGpio.setValue(FALSE);
     end;
  end;
end.


9.AndroidManifestファイルの編集
         <uses-library android:name="com.google.android.things"/>
を追加したりいろいろする


10.コンパイル実行
(機種選択はiot_rpi3を選択してください。)

 実行すると

こんな感じで交互にLチカとなります。



ソースはここ、SourceFile 


Nゲージを動かす。
 



以上
やましょうでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿